『必見ブロックチェーン!』教育・リクルート系ブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】の最新情報まとめ!||副収入ナビ~仕事を辞めてもなんとかなる~

『必見ブロックチェーン!』教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】の最新情報まとめ!||副収入ナビ~仕事を辞めてもなんとかなる~

 

f:id:myhukusyunyu:20190121094109j:plain

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

【Disciplina(ディサプリナ)】の公式HPはこちら


【Disciplina(ディサプリナ)】のホワイトペーパーはこちら

 

【Disciplina(ディサプリナ)】の詳細はこちらの記事へ

 

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】ミッション

Disciplina(ディサプリナ)のミッションは、多機能ブロックチェーンを作成し、学業成績や資格を統一形式で登録させることで、プラットフォーム上のすべてのユーザーが利用できる評価システムを構築することです。

 

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】最新情報

 

f:id:myhukusyunyu:20190121094126j:plain

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】がデータ公開の安全性を保証すると発表

 

The DISCIPLINA project aims to make the working conditions of educational institutions and teachers as convenient and beneficial as possible by providing them with the opportunity to monetize the data on student academic achievement. DISCIPLINA will allow recruiters to search for verified records on education and pay for the access to the data on specialists they are interested in.
To implement this idea correctly, it is necessary to consider every detail and provide protection from fraud, since there is a risk that any educational institution may start selling falsified data to recruiters.
Such situations can be avoided if there is a trusted intermediary that can observe the data transfer and hold the money. It is also possible to use an “optimistic fair exchange” algorithm for these purposes, where the intermediary acts as a judge and does not always have to be online.
The implementation of a data exchange protocol without an intermediary is a more complicated task. In such situations, the integrity of data exchange is only probabilistic. The specificity of these protocols is that two parties exchange chunks of data, increasing the certainty that the other party plays fair.
The DISCIPLINA team had a goal to develop a protocol of data exchange that doesn’t require a trusted intermediary and at the same time guarantees the absence of fraudulent actions from both parties. To do this, the project team decided to employ blockchain technologies.
In the next article, we will tell you about the technological implementation of the DISCIPLINA data disclosure protocol.

 

 

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】まとめ

f:id:myhukusyunyu:20190121094109j:plain

今回は、【Disciplina(ディサプリナ)】の最新情報をまとめて紹介していきました。

紹介した最新情報を訳すと、「“optimistic fair exchange”」というアルゴリズムを利用すればそれ自体が審判として機能するので安全性が保障されるそうです。

DISCIPLINA開発チームの目標は、仲介者を必要としないP2Pネットワークにおいてデータ交換を行う双方の当事者が不正を働かず、虚偽のない事が保証されたデータ交換プロトコルを開発する事で、その検討の結果ブロックチェーン技術の採用が決定されたそうです。

取引所はまだ出ていませんでしたが、今後も教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】の進捗に注目です!