「手数料が高いXtheta(シータ)」VS「手数料が安いZaif」比べてみた|副収入ナビ

 

「手数料が高いXtheta(シータ)」VS「手数料が安いZaif」比べてみた|副収入ナビ

仮想通貨をやる人は避けて通れない「取引所手数料問題」について果たしてどちらがお得なのか比べてみました。

f:id:myhukusyunyu:20180306200053j:plain

取引所「Xtheta(シータ)」

Xthetaは手数料が5%とほかに比べると正直高いです。

100万の取引で5万持っていかれるということですね。

ユーザーにとっては、手数料安いに越したことはないので、不利ですよね?ではなぜ高いのか?その理由はXtheta独自のサービスが関係しています。

そのサービスとは仮想通貨取引代行サービスですね。

まずXthetaに登録すると一人一人に担当が付きます。このサービスは主に「仮想通貨初めたいけど分からない人」「仮想通貨やっているが面倒という人」向けにできました。

Xthetaに依頼すると自分に合った条件で一番良いレートのものを選び、提案してくれます。なので自分でレートのチェックをしなくてもいいのです。

また、Xthetaでは全世界の仮想通貨情報を収集しているので、情報収集も自分でしなくても大丈夫です。

自分の時間が作れるという事で、初心者以外からも高評価のようです。

これだけのサービスを継続的に提供するには、経費もかかるので手数料が高いのも納得ですね。

 

f:id:myhukusyunyu:20180327171149j:plain

取引所「Zaif]」

Zaifは「マイナス手数料」で有名です。

マイナス手数料とは、逆に貰えるということです。ここだけ聞くといい風に聞こえますが、実際には0.01%ほどです。

Zaifは先日の金融庁の一斉調査で業務改善命令が出されました。

なので最近はZaifのCMも全く見なくなりましたね。

 

まとめ

手数料が安い=良い取引所ではありません。

手数料が高い=その分サービス、セキュリティがしっかりしているということです。

総合的なお得度では断然Xthetaだと思います。

なのでZaifよりもXthetaをお勧めします。