『必見仮想通貨公開!』「ANA(全日空)」が出資の仮想通貨【ACDコイン】とは?特徴・上場・速報などACDの情報まとめ!||副収入ナビ~仕事を辞めてもなんとかなる~

『必見仮想通貨公開!』「ANA全日空)」が出資の仮想通貨【ACDコイン】とは?特徴・上場・速報などACDの情報まとめ!||副収入ナビ~仕事を辞めてもなんとかなる~

 

 

今回紹介するのは、あの「ANA全日空)」が出資する仮想通貨【ACDコイン】について紹介していきます。

仮想通貨【ACDコイン】とはどんな特徴なのか?上場は?進捗は?などの疑問が解決する情報をまとめて公開していきます。

 

仮想通貨【WWB】公式サイトはこちら
仮想通貨【WWB】公式ホワイトペーパーはこちら
更新日:2019年1月21日

 

 

f:id:myhukusyunyu:20190111115608j:plain

ANA全日空)」が出資の仮想通貨【ACDコイン】とは?

 

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

仮想通貨【ACDコイン】を発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

 

ANA全日空)」が出資の仮想通貨【ACDコイン】仮想通貨特徴・トークンセール情報

  • 仮想通貨概要

トークン名称: ACD (エーシーディー)
トークンシンボル: ACD
トークン総発行枚数: 10 億個

f:id:myhukusyunyu:20190111115650j:plain

セール期間中の取得可能枚数: 3 億個
ACD の取得対価となる仮想通貨: BTC(ビットコイン)又は ETH(イーサ)
ソフトキャップ: 3000 万 ACD
ハードキャップ: 3 億 ACD
販売期間: 2018 年 2 月 15 日から 2018 年 4 月 5 日
販売予約受付期間
・ 第1期プレセール: 2018 年 2 月 15 日~
・ 第2期プレセール: 2018 年 2 月 28 日~
・ 第3期プレセール: 未定
交換レート
・ 第1期プレセール: 1ACD = 23 円換算の BTC/ETH
・ 第2期プレセール: 1ACD = 32 円換算の BTC/ETH
・ 第3期プレセール: 1ACD = 未定

第1期、第2期プレセールは終了していますが、第1期プレセールでは、36分間で10億円が完売したそうです。

 

ANA全日空)」が出資の仮想通貨【ACDコイン】プロジェクトメンバー

仮想通貨【ACDコイン】のプロジェクトメンバーは、政治・金融・経済のプロフェッショナル達で構成されています。
主なメンバーの詳細は下記の通りです。

 

ANA全日空)」が出資の仮想通貨【ACDコイン】市場規模

仮想通貨【ACDコイン】の市場であるインバウンドEC市場の規模は、経済産業省の報告によると、2014年において米国消費者による日本のECを利用した購入額は4,868億(対前年比112.6%)、中国からの購入額に至っては6,064億(対前年比 155.4%)に及ぶといわれており、今後もこのインバウンド EC 市場は大きな伸びが予測されているのだとか。
経済産業省はまた、2017年のレポートで「世界の越境(インバウンド)EC の市場規模は 2020 年までに 9940 億ドルに達する」と予想しているそうです。
海外からの利用者の多くは、メイド・イン・ジャパンあるいは日本ブランドのもたらす信頼性から日本のECサイトを選択するか、または日本に観光で訪れた人が帰国後にインバウンドECを利用して購入する傾向があるとのことで、2020年の東京オリンピックを前に、インバウンドECはまだまだ大きなポテンシャルを秘めているそうです。

 

ANA全日空)」が出資の仮想通貨【ACDコイン】特許技術

ACDは、「ACDプロジェクト」を支えるために特許技術を多数所持しているので紹介していきます。

・ 特許番号:特許第 6047679 号 (P6047679)「商取引システム、管理サーバおよびプログラム」
登録日 (発行日):2016/11/25 (2016/12/21)

・ 特許番号:特許第 6088100 号 (P6088100)「購入支援システム」
登録日 (発行日):2017/02/10 (2017/03/01)

・ 特許番号:特許第 6169296 号 (P6169296)「購入支援システム」
登録日 (発行日):2017/07/07 (2017/07/26)

 

ANA全日空)」が出資の仮想通貨【ACDコイン】ロードマップ

仮想通貨【ACDコイン】のACDプロジェクトロードマップは下記になります。

f:id:myhukusyunyu:20190111115742j:plain

2018年4月トークン配布
2018年5月スケジュール発表 ※6月中旬より随時配信予定
2019年ウォレットサービス開始
2019年多国間にてインバウンドEC開始

 

ANA全日空)」が出資の仮想通貨【ACDコイン】上場情報

仮想通貨【ACDコイン】は、コインスーパー取引所にすでに上場しており、2018年12月28日16時より取引が開始されました。
取引ペアは、ACD/USD、ACD/BTCとなっています。

 

ANA全日空)」が出資の仮想通貨【ACDコイン】最新速報

 

仮想通貨【ACDコイン】の最新速報について紹介していきます。

f:id:myhukusyunyu:20190111115753j:plain

  • 仮想通貨【ACDコイン】、コインスーパーに上場決定

株式会社ACD(東京都江東区 代表取締役 園田康博)が発行するACDコインが、仮想通貨取引所であるコインスーパーにて、取扱いが決定したことをお知らせいたします。
12月28日よりコインスーパーにて取り扱いが開始されます。
コインスーパーは下記のサイトになります。
https://www.coinsuper.com/

コインスーパー 会社紹介
Coinsuper is a world leading digital asset exchange. We are a global elite team with extensive experience in financial advisory, compliance, wealth management and most importantly, cryptocurrency and financial technology. Apart from a very strong team, Coinsuper adopts methods such as SSL technology, multi-signature cryptocurrency wallets, offline capital management to ensure the security and stability of the platform. We also adopt google authenticator in customer login and fund/BTC withdrawal. All these are to ensure that our customers' assets are well protected.
We treat Security, Compliance and Stability as our primary focus and are committed to providing customer-oriented, efficient, professional and secure trading services to our valuable customers.

 

 

Bitcoin.com( 代表取締役社長:ロジャー・バー、以下「 Bitcoin.com」) と ANA ホールディング株式会社が出資する株式会社 ACD(代表取締役社長:園田康博。以下「ACD」)は、暗号通貨の分野について、戦略的パートナーシップを締結することを発表致しました。
この提携により、ビットコインキャッシュと ACD が発行する“ACD トークン”の連携をおこなうことで、早ければ2019 年度の春にビットコインキャッシュプラットフォームで、ACD が提供する様々なサービスや、日本から“本物”をお届けするグローバルなオンラインショッピングをおこなうことが可能になります。
幅広く調査及びテストを重ねた結果、ACD と Bitcoin.com 共にビットコインキャッシュが暗号通貨の中で、手数料が低く、取引スピードが早いと信頼できるとのことから最も消費者及びビジネスにとって最適な暗号通貨であると賛同致しました。このパートナーシップは ACD がビットコインキャッシュを決済方法の一つとして推進するところから開始されます。
更に本パートナーシップによる ACD トークンの様々な用途や拡張、その詳細については、後日発表いたします。
また、今回のパートナーシップを経て ACD トークンはビットコインキャッシュプラットフォームとなる予定です。
ACD の CEO 園田康博から、”市場にある様々な暗号通貨を色々調査及びリサーチをした結果、当社はACD トークンとビットコインキャッシュを連携させ新しい決済方法として選びました。これはお客様がオンライン・オフラインとも安く、早く、そして信頼できる決済方法を世界規模での取引が実現できると考えております。”
Bitcoin.com の CEO、ロジャー・バーから “ACD とビットコインキャッシュのパートナーシップに協力できることは非常に光栄です。ワールドワイドな航空会社の出資会社がワールドワイドの通貨を採用されることは必然であると考えます。”
ビットコインキャッシュP2P 電子通貨であり、誰からでも、どこからでも即時に決済ができる電子通貨システムです。費用がほぼ無料で、ダブルチャージのリスク、決済ができなかったり、送金が戻されることもございません。
ACD のようなグローバル会社には最適な組み合わせです。 お客様に革新的な決済方法を提供することによって、ACD が先んじてビットコインキャッシュ決済を取り組むことによって、競合他社との差が更に大きくつくでしょう。

 

  • 仮想通貨【ACDコイン】、『ANA CARGO DIRECT』におけるACDコインの決済連携開発を開始

株式会社ACD(以下「ACD」)は、ACDが基幹事業として展開する越境ECプラットフォーム『ANA CARGO DIRECT』(中国本土を除く) のすべてにおいて、決済手段の一つとして、ACDコインを活用できるよう決済連携開発を開始しました。

ACDコインはBCH(ビットコインキャッシュ)プラットフォームと連携し、BCH決済モジュールを実装することで、すべての『ANA CARGO DIRECT』プラットフォームにおけるオンライン決済はもとより、インバウンド向けオフライン店舗への導入のため、数多くの提携企業との間で決済連携を進めていくことが可能となります。

一連の決済連携は、2019年度初旬から順次開始されることを予定しており、これは、今後、世界中のお客様がオンライン・オフラインとも安く、早く、そして信頼できる新たな決済方法として世界規模での取引が実現できると考えております。

このように当社は、革新的な決済方法を提供することによって、越境EC業界において、競合他社との差別化を大きく図ってまいります。

 

  • 仮想通貨【ACDコイン】、海外向け商品事前登録型受発注システム「EKKYO.NET」の特許を台湾で取得

海外向け商品事前登録型受発注システム「EKKYO.NET」の特許を台湾で取得いたしました。

株式会社ACD(本店:東京都江東区 代表取締役園田康博 以下「ACD」)は、すでに日本で特許を取得している"EKKYO.NET (越境EC等で販売される商品を事前に登録しスムーズな通関を補完するASPサービス:特許第6047679号)"の国際特許出願を進めてまいりましたが、このたび日本に次いで、中華民国(台湾)においても、ACDによる特許権取得が公式に認められました(特許取得日2018年12月11日:中華民国発明第I644275号)。

「EKKYO.NET」は、特許取得対象国のメーカー及びサプライヤーが海外向け越境ECを行う際、自国から海外の税関・検疫局への登録が可能となり、越境EC商流の全てが自国で完結することを可能にします。

現在、ACDは、中国をはじめ香港、インドネシアシンガポール、タイなど14か国へ国際特許出願が完了しており、各国において特許査定審査中となっています。また、その他の国々への出願も準備しており、順次、出願を行ってまいります。

  •  仮想通貨【ACDコイン】、「インバウンド&中国越境ECセミナー」への参加を発表

株式会社ACD(本店:東京都江東区 代表取締役園田康博 以下「ACD」)は、2019年1月22日(火)13:30~宮崎県立美術館で開催されますインバウンド&中国越境ECセミナー「訪日インバウンド需要の展望と中国ネットビジネス」に参加いたします。
セミナーは、宮崎県、株式会社宮崎銀行、株式会社宮崎太陽銀行みずほ銀行が主催となり、宮崎県商工会議所などに呼びかけて、地方創生や地域活性化に取り組む企業が参加して行われているものです。
今回のテーマは、今後ますます増加傾向にある中国を始めアジア諸国からのインバウンド客への対応と、中国向け越境ECへの取り組みを中心に開催されます。

ACDの株主であるANAホールディングス(株)も、2017年10月20日に宮崎県との間で、観光産業の振興、地域経済の一層の活性化を図るため、相互の資源を有効に活用した協働による活動を推進することを目的とした「観光振興に関する連携協定」を締結しており、ACDといたしましても、日本の地域における産業振興を盛り上げるためにインバウンド施策と連動した越境ECの分野で宮崎県とも連携し、観光振興にも寄与・貢献してまいりたいと考えております。

今回のセミナー参加を機に、地域創生に積極的に取り組んでいる宮崎県とACDのサービスを身近で感じていただくとともに、今後中国を始め世界の顧客に対して積極的に地域の名産品などを紹介していければと考えておりますので、引き続きACDの業務へのご理解・ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

引用元:「ACD公式サイトより」

※最新情報が公開され次第追記していきます。

 

ANA全日空)」が出資の仮想通貨【ACDコイン】まとめ

f:id:myhukusyunyu:20190111115807j:plain

 

今回は、あの「ANA全日空)」が出資する仮想通貨【ACDコイン】について紹介していきました。
【ACDコイン】は、上場済み、ANAが出資している共同企業体、ロジャー・バーが代表の「Bitcoin.com」と提携、巨大な市場規模、特許も多数取得と期待できる情報が多い仮想通貨ですね。
今後も仮想通貨【ACDコイン】の情報が公開され次第更新していきます。
ANA全日空)」が出資の仮想通貨【ACDコイン】が気になった方は、注目してみてはいかがでしょうか。

 

 

『必見ブロックチェーン!』教育・リクルート系ブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】の最新情報まとめ!||副収入ナビ~仕事を辞めてもなんとかなる~

『必見ブロックチェーン!』教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】の最新情報まとめ!||副収入ナビ~仕事を辞めてもなんとかなる~

 

 

f:id:myhukusyunyu:20190121094109j:plain

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

【Disciplina(ディサプリナ)】の公式HPはこちら


【Disciplina(ディサプリナ)】のホワイトペーパーはこちら

 

【Disciplina(ディサプリナ)】の詳細はこちらの記事へ

 

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】ミッション

Disciplina(ディサプリナ)のミッションは、多機能ブロックチェーンを作成し、学業成績や資格を統一形式で登録させることで、プラットフォーム上のすべてのユーザーが利用できる評価システムを構築することです。

 

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】最新情報

f:id:myhukusyunyu:20190121094126j:plain

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】が信頼するにふさわしいウェブサイト構築を公開

It is easy today to encounter a great number of educational institutions that either provide low-quality services or are fictitious. The DISCIPLINA project is being created specifically to prevent such institutions from appearing.
To do this, the project team will implement a Web of Trust (analogous to PGP) into the web protocol. Web of Trust will help system participants set their levels of trust in each other.
Thanks to the implementation of this protocol, DISCIPLINA will have no “verification centres” that have an unlimited right to register or, vice versa, refuse the registration of an educational institution.
This system will help recruiters understand which educational institutions are worth cooperating with and which are not. The value of the grade given to a student will depend on the rating of the educational institution at the time the grade was awarded. Thus, it will be easier for people to choose an educational institution, since they will rely on verified reviews and quality ratings.
To understand how participant rating is formed in DISCIPLINA, let’s imagine that several educational institutions (A, B and C) and recruiters (D and E) registered in the system.
A and B are reputable universities that recognize each others’ diplomas, which are highly evaluated by recruiter D. However, the diplomas of university C are only worth the trust of recruiter E.
To calculate the total rating, we need to choose participants whose reputation is undoubted - these are university A (a recognized leader in the field we are interested in) and recruiter D (a company that is famous for its demanding candidate selection). University B will be added to our web of trust automatically, while participants C and E will be considered as untrustworthy.

 

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】がDISCIPLINAを分散化させる方法を公開

The reality is that it is difficult to forgo centralization even in a system such as blockchain. For example, in classical PoS models with compulsory delegation, the key organization is responsible for the entire community over a long period of time. Thus, the performance of the entire system depends on this organization, and not on the community.
The project team aspires to ensure real decentralization in the DISCIPLINA network. After the launch of MainNet they are planning to form a token technical pool that will prevent any stakeholder from having a large share (more than 50%).
The technical pool will be formed in such a way that the share of tokens from the total volume of token issue will be 45%, and this will be distributed between three independent organizations.

 

 

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】まとめ

f:id:myhukusyunyu:20190121094109j:plain

今回は、【Disciplina(ディサプリナ)】の最新情報をまとめて紹介していきました。

紹介した最新情報を訳すと、信頼するにふさわしいウェブサイト構築については、信用の輪(Web of Trust)システムの実装を行い、レビューや格付け評価によって簡単に教育機関を選ぶことができる様にするそうです。

また、DISCIPLINAを分散化させる方法については、DISCIPLINAのネットワークにおいて、完全な分散管理の実現を目指しており、今後の計画ではメインネットのスタート後、どのDisciplinaのトークン所有者も50%以上の大きな保有数のシェアを持つことができないようなシステムの作成を予定しているとのことです。

取引所はまだ出ていませんでしたが、今後も教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】の進捗に注目です!

『必見ブロックチェーン!』教育・リクルート系ブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】とは?仮想通貨・ICO・取引所など公式情報まとめ!||副収入ナビ~仕事を辞めてもなんとかなる~

『必見ブロックチェーン!』教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】とは?仮想通貨・ICO・取引所など公式情報まとめ!||副収入ナビ~仕事を辞めてもなんとかなる~

 

 

 

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】とは?

 

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

【Disciplina(ディサプリナ)】の公式HPはこちら


【Disciplina(ディサプリナ)】のホワイトペーパーはこちら

 

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】ミッション

Disciplina(ディサプリナ)のミッションは、多機能ブロックチェーンを作成し、学業成績や資格を統一形式で登録させることで、プラットフォーム上のすべてのユーザーが利用できる評価システムを構築することです。

 

 

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】ICO情報

「Disciplina(ディサプリナ)」のICO情報について解説していきます。

 

略称:DSCP
ソフトキャップ:7,000 ETH
ハードキャップ:34,000 ETH又は$15,000,000のどちらか初めに達成された方
利用可能仮想通貨:ETH, BTC, LTC
キャンペーン中のトークン価格:1 DSCP = 0,0005 ETH
トークン最大発行数:95,000,000 DSCP


全ての参加者は本人確認プロセス(KYC/AML)を踏まなければなりません。アメリカの国籍を持つ場合には、「適格投資家」の対象となるかどうか確認しなければいけません。
また、DISCIPLINAブロックチェーンを使用するアプリケーションでの支払方法は、DSCPトークンと、DSCPより小さい単位で、小額の支払に使用されるLogicを利用することが可能です。

DSCPトークンは標準ERC20のトークンで、クラウドセール期間中に配布され、DISCIPLINAのMainNetの稼働後に1:1の割合でネイティブトークンに変換されます。

 

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】主な特徴

 

ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の主な特徴は下記の4つになります。

  • 個々人の学業成績や資格に関わるデータをデジタル形式で保管し、統一プラットフォームを介してそのデータへのアクセスを提供し、その永続性と信頼性を保証します。
  • 成績や資格、専門分野で対象者を効果的に検索できるツールが利用できます。
  • 教育機関が学生の学業成績に関わるデータを収益化できるようにします。
  • 希望する企業での就職を目指して、最適な教育過程をシステムが用意することにより、キャリアのゴールを達成できるようになります。

 

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】メリット

ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーを確認したところ、利用するメリットは下記の6つだと言えます。

 

  • 個人の成績や業績をデジタル形式で保管し、統一プ ラットフォームを通じてそれにアクセスできるようにし、パフォーマンスと信頼性を保証。
  • Disciplina(ディサプリナ)はオープンソースのプラットフォームで、どの様な教育機関、リクルーティング・サービスでも自身のプロジェクトにブロックチェーンを利用することが可能。
  • リクルーターに学業成績の保管データを提供することによる収益化の実現。関係者全てがそれぞれの役目を果たすことが保証されており、国際間の支払方法も提供されている。
  • 評価、フィードバック、学業成績に関する信頼性の高い情報を提供。
  • 専門分野や成績・業績ごとに、簡単に対象者を検索可能なツールを提供。
  • 学生が特定の学業上のマイルストーンを達成すると、 ある組織内での仕事が約束されるなどの機会を提供することが可能。

 

 

 

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】市場

次に「Disciplina(ディサプリナ)」の市場は、どのくらいの市場規模なのか解説していきます。

 

米国のEdTech市場は最も大きく成熟しており、年間+4,0-4,4%と緩やかに成長を続けています。
次に大きい市場は中国、インドを中心とする東南アジア地域で、年間17%と勢いがあり、2016年に117億ドルの規模となり、68億ドルであったヨーロッパ市場を抜きました。
東ヨーロッパ市場は、西ヨーロッパに次ぐ12億ドルではあるものの、その成長率は17%と大幅に加速しています。
ロシアは東ヨーロッパ市場の原動力となっており、年間17-25%の成長率を示しているそうです。

[Global Market Insights]の分析によるとEdTech市場の成長予測は、2017年で1650億ドル、2023年には2400億ドルまで増加する可能性があるそうです。

 

 

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】ロードマップ

「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップについては下記の通りになります。

 

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】取引所

「Disciplina(ディサプリナ)」の取引所については、まだ公表されていません。

取引所情報が公表され次第書いていきます。

 

教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】まとめ

 

今回は、【Disciplina(ディサプリナ)】について、仮想通貨・ICO・取引所など公式情報をまとめて紹介していきました。

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンで、学業成績や資格を統一形式で登録させることで、プラットフォーム上のすべてのユーザーが利用できる評価システムを構築することを目標としています。

また、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが開発しており、市場も巨大なので期待できそうですね。

取引所はまだ出ていませんでしたが、教育・リクルートブロックチェーン【Disciplina(ディサプリナ)】に注目です。

 

『必見仮想通貨公開!』「OKWAVE」が出資の仮想通貨【WWB】とは?特徴・上場・速報などWWBの情報まとめ!||副収入ナビ~仕事を辞めてもなんとかなる~

『必見仮想通貨公開!』「OKWAVE」が出資の仮想通貨【WWB】とは?特徴・上場・速報などWWBの情報まとめ!||副収入ナビ~仕事を辞めてもなんとかなる~

 

今回紹介するのは、あのQ&Aサイト「OKWAVE」が出資する仮想通貨【WWB】について紹介していきます。

仮想通貨【WWB】とはどんな特徴なのか?上場は?進捗は?などの疑問が解決する情報をまとめて公開していきます。

 

f:id:myhukusyunyu:20180508134541j:plain

【更新日:2019年1月21日】

 

仮想通貨【WWB】公式サイトはこちら
仮想通貨【WWB】公式Twitterこちら
仮想通貨【WWB】公式テレグラムはこちら

f:id:myhukusyunyu:20180516113932j:plain

OKWAVE」が出資の仮想通貨【WWB】とは?

 

【WWB】はシンガポールで開発されており、Wowooプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨が【WWB】です。

【WWB】が発行するトークンには投票機能がついており、感動的な成果物を提供した人に対して投票の機能を使って感謝の気持ちを表すことが可能です。

【WWB】の特徴は、「準備金制度」「特別決議機能」です。

【WWB】の準備金制度における準備率(CR)は20%で、新規に【WWB】のトークンが発行される際には、ETHの準備高がWowBit価値合計値の20%になるように自動調整され、その結果、【WWB】トークンの売買者の間を公正なバランスで保ち、大きな安定性を生み出すことにつながります。

特別決議機能は、ルール変更など重要な決議において、【WWB】トークンの保持者による投票で意思決定がされることです。
投票率3分の2以上で採択される仕組みになっており、【WWB】は非中央集権の運営ではなく自律した運営を実現できるということです。

 

OKWAVE」が出資の仮想通貨【WWB】の必見情報

OKWAVE」が出資の仮想通貨【WWB】の必見情報は大きく次の3つになります。

 

f:id:myhukusyunyu:20180417175242j:plain

  1. 国内最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」が出資
  2. ロジェー・バー氏が【WWB】プロジェクトを絶賛
  3. NEOの創業者・CEOであるDa Hongfei氏がアドバイザーとして参戦

日本最大級のQ&Aサイトである、あの「OKWAVE」を運営している株式会社オウケイウェイブは子会社を通じて、このプロジェクトに出資をしています。

その他にも、仮想通貨の第一人者であるロジャー・バー氏が【WWB】の評議会に参加し、このプロジェクトを絶賛しており、アドバイザーとして今後のプロジェクトにも参画するようです。さらに、NEOの創業者であるDa Hongfei氏もこの【WWB】のアドバイザーとして参画しています。
仮想通貨は著名人やインフルエンサーの言動・行動1つで大きく価格が動きますので、こうした方々が【WWB】に参画しているのは間違いなく必見の情報ですね。

 

OKWAVE」が出資の仮想通貨【WWB】のロードマップ

 

  • 2018年第1四半期:【WWB】トークンセール、システム開発
  • 2018年第2四半期:【WWB】システム開発
  • 2018年第3四半期:【WWB】サービス本格リリース
  • 2019年第3四半期:【WWB】のプラットフォームのAIサービス開始
  • 2019年第4四半期:【WWB】エコシステム成長加速

 

 

f:id:myhukusyunyu:20180425095048j:plain

OKWAVE」が出資の仮想通貨【WWB】仮想通貨情報

 

仮想通貨【WWB】はイーサリアムをベースに作られ、スマートコントラクトを実装しています。

イーサリアムと違うところは【WWB】はマイニングが行われないことで、【WWB】システムが発行枚数などを管理しています。

非中央集権の性質も持っているので発行枚数の増減など大きな変更については特別議決機能によって決められます。

【WWB】の運営がトークンの管理を行う一方で、トーク保有者にも投票権を与えて公平性を保っています。

 

  • 仮想通貨【WWB】概要
  • トークンの名称:Wowbit
  • 単位:WWB
  • 発行枚数:1,111,111,111(WWB)
  • ICO価格:1WWBあたり0.0011ETH
  • プレトークンセール開始日:2018年1月17日
  • トークンセール:2018年2月22日〜2018年3月2日
  • ICO:2018年3月以降

 

 

OKWAVE」が出資の仮想通貨【WWB】の進捗速報

仮想通貨【WWB】の進捗速報を紹介していきます。

公開から今までの情報をまとめ、進捗速報も発表され次第追加していきます。

長くなってしまうので今までの情報は簡潔に書いていきます。

 

f:id:myhukusyunyu:20180516113932j:plain

We are excited to announce of our new scheduled Wowoo related project.

Due to advancement of internet, large portion of modern commerce has been evolving and shifting its business model to “E-commerce.” It is said that BtoC E-commerce market will exceed $2.6 billion in year 2018. If we are to Include the mainstream CtoC business of recent years, it is predicted that there will be greater growth of the market especially originating from China and United States.

Blockchain technology, which was first introduced to the world by the fundamental of Bitcoin, and as it has shown, is very useful for payments. Like Purse.io, which is known widely from accepting Bitcoin Cash which we support, the service of connecting cryptocurrency and e-commerce will be more present in future.

The project Wowoo deals with will be not only be simple as current e-commerce business, which products and services circulate from one company to another, but also adopt maximum potential of blockchain technology.

The base form will be free-market model. The seller will be able to post wide range of items such as products, services, skills, time, and real-estate. The buyers will be able to use cryptocurrencies as mode of payment, including Wowbit (WWB).

Even considering the growth of e-commerce market of the coming few years, the market will be saturated in matter of time. In addition, it might create difficulty over match making of good products and the buyers due to the diversity of platforms. Thus, integrating blockchain technology and cryptocurrency payment is believed to open new market model.

As we are currently constructing the business model with our partners, we may be able to offer the Sellers to be able to select and accept various currency pairs and manage them inside a wallet. This could potentially offer substantial multi-currency savings opportunity.

Also, there may be a case where in spite of providing good service or products, the Seller may face difficulties due to being categorized by vulnerable groups of the weak of society, according to our existing market principle. This kind of cases would be able to be resolved by innovation, which is connecting and expanding goodness as blockchain has brought in the society.

We aim for creating platform which will also be able to tokenize the products that are sold, with the equipped engine inside the platform which will enable to trade physical commodities and encrypted digital values with service in a set.

We are currently reorganizing variety of business models and focusing on legal reviews with partner companies. We aim to release Beta version by around the middle of 2019 and provide the service including function of issuing tokens within 2019.

Please keep track of the updates via Wowoo Telegram, Twitter, Website, and Blog for further details.

 

ーーーーーーーーーーーーー下記Google翻訳ーーーーーーーーーーーーー

 

オンライン化が進んだことにより、近代のコマース産業は大半が例にもれず事業モデルをシフトし「Eコマース」としての進化を遂げています。2018年のBtoC型のEコマース市場は2.6B米ドルを超えると言われており、近年話題のCtoC型のビジネスも含めると中国・米国を中心に今後非常に伸び幅があると予測されています。

ブロックチェーン技術は世に初めてその姿を確認させる例となったBitcoinの原理にも示されている通り、「決済」手段として非常に有効であり、Wowooが支援するBitcoin Cashが利用できることでも有名なPurse.ioなど、仮想通貨とEコマースを結ぶサービスは今後ますます登場するはずです。

Wowooが手掛ける予定の新プロジェクトは、既存のEコマースビジネスのように一方から他社へ商品やサービスが流れることに留まらず、ブロックチェーン技術の持つポテンシャルを最大限に取り入れる予定です。

原則はフリーマーケットモデルをベースとする予定であり、出品者は商品、サービス、スキル、時間、不動産など幅広いアイテムを出品することが可能で、購入者はWowbit(WWB)を始めとする仮想通貨を用いた決済を可能にする予定です。

Eコマース市場の持つ数年の伸びしろを考慮しても、マーケットは時間の問題で飽和状態になり、またプラットフォームの多様化によって魅力ある商品も買い手とのマッチングが困難となり得ることから、ブロックチェーン技術の応用と仮想通貨決済を取り入れることで新しいマーケットを切り開くことが可能になると考えています。

現在交渉を進めているパートナーとの動きによっては、出品者は様々な通貨ペアが選択可能なウォレット管理を行うことができ、実質的なマルチカレンシー貯蓄なども行うことができるようになるかもしれません。

また、良いサービスや商品を有していても、既存の市場原理によって社会的弱者にカテゴライズされてしまうがために活躍ができないようなケースも、ブロックチェーンが起こしたように本当に良いものが繋がり広がっていくイノベーションを当てはめることで解決していくことが可能となるでしょう。

将来的には買い手のついた商品は同時に等価トークン化が行われ、実物の商品やサービスと暗号化された電子価値をセットで取引することのできるエンジンを搭載したプラットフォームを目指します。

現在パートナー企業との各種ビジネスモデルの調整や、リーガルレビュー等を行っており、2019年半ば頃までにβ版のリリース、2019年内にトークン発行機能も含めた本サービスを提供できるよう検討中です。

  

※リンク先:「ベンチャータイムス」「WWB公式サイト」

※今後、仮想通貨【WWB】の進捗速報が発表され次第追記していきます。

 

OKWAVE」が出資の仮想通貨【WWB】の公開動画一覧

仮想通貨【WWB】の公開されている動画を一覧で紹介していきます。

 

  • What is Wowoo

youtu.be

 

  • Wowoo Platform β version

youtu.be

  • Wowoo Marketing Support

youtu.be

  • Wowoo Ecosystem

youtu.be

 

 

OKWAVE」が出資の仮想通貨【WWB】チームメンバー公開

 

仮想通貨【WWB】のチームメンバーを紹介します。

下記メンバー以外にもアドバイザーの方々もいらっしゃいます。

 

f:id:myhukusyunyu:20181030113546j:plain

 

OKWAVE」が出資の仮想通貨【WWB】上場先情報

 

仮想通貨【WWB】が上場した取引所「BIT-Z」についての情報も公開していきます。

f:id:myhukusyunyu:20180604115410j:plain

BIT-Z特徴

  • 取り扱い通貨数:83種類
  • トレードの種類:現物取引 OTC相対取引
  • 入出金手数料:無料※出金時は別途取引手数料 メイカー・テイカーともに一律0.1%
  • 通貨ペア BTC建て:74種類
  • DKKT建て:4種類
  • ETH建て:41種類
  • アプリ:iOS版、Android

2016年に開設されたBit-Zという取引所は、会社名、代表者などはは発表されていなく、一切不明となっています。

Bit-Zは中華系の取引所で香港、シンガポール、北京に拠点を持ちます。

 

 

OKWAVE」が出資の仮想通貨【WWB】まとめ

f:id:myhukusyunyu:20180417175242j:plain


長々とお付き合いいただきありがとうございます。

今回は、あのQ&Aサイト「OKWAVE」が出資する仮想通貨【WWB】とはどんな特徴なのか?上場は?進捗は?などの疑問が解決する情報をまとめて公開していきました。

仮想通貨【WWB】について少しでも理解していただけたら幸いです。

難しいと思った方は「仮想通貨【WWB】は、「OKWAVE」が出資していて、仮想通貨の神ロジャー・バーも絶賛した仮想通貨ですでに上場している」とだけでも覚えておけば大丈夫です。

今後もOKWAVE」が出資する仮想通貨【WWB】について進捗速報が公開され次第追記していくのでお楽しみに。

 

 

取引所「Xtheta(シータ)」最新トレード情報!税金についてのセミナーを開催!|副収入ナビ~仕事を辞めてもなんとかなる~

取引所「Xtheta(シータ)」最新トレード情報!税金についてのセミナーを開催!|副収入ナビ~仕事を辞めてもなんとかなる~

 

 

 

f:id:myhukusyunyu:20180313110126j:plain

取引所「Xtheta(シータ)」最新トレード情報!Xtheta(シータ)概要

 

Xthetaは、「国内の認定取引所を通してユーザーの仮想通貨取引を取り次ぐサービス」を行っています。

詳細はこちらで紹介しているので参考にしてください。

hukusyunyu-navi.hatenablog.com

 

 

取引所「Xtheta(シータ)」最新トレード情報!税金についてのセミナーを開催!

 

取引所「Xtheta (シータ)」が税金についてのセミナーを開催すると発表したので紹介していきます。

f:id:myhukusyunyu:20180712213124j:plain

【東京開催】取引所Xtheta(シータ)主催の「仮想通貨税金セミナー」

会場:TKP品川カンファレンスセンターANNEX カンファレンスルーム8

住所:東京都港区高輪3丁目13-1 TAKANAWA COURT 3F

料金制度:有料イベント

ジャンル:ファイナンス > 税金

事務局:株式会社Xtheta ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

 

セミナー詳細】
《開催日時》

9月27日(木) 17:00~18:00

場所:TKP品川カンファレンスセンターANNEX カンファレンスルーム8

《定員》

約100名

《費用》

3,000円(税込)

セミナー内容》

・仮想通貨に関わる税金の基礎

・具体的な税金解説

・今後の確定申告の準備として

※当日の状況により、内容が変更になる場合がございます。

《 タイムスケジュール 》

16:00~ 開場

17:00~ ご挨拶

17:05~ 仮想通貨に関わる税金について 講師:FG税理士法人 清水 裕介 

17:50~ 質疑応答

~18:00 閉会

※当日の状況により、内容が変更になる場合がございます。

《 講演者プロフィール 》

氏名:清水 裕介

会社名:FG税理士法人

※参加できなかった方は後日の状況発表があるかもしれないので待ちましょう。

 

 

取引所「Xtheta(シータ)」最新トレード情報!まとめ

f:id:myhukusyunyu:20180306200053j:plain

今回は、取引所「Xtheta(シータ)」が税金についてのセミナーを開催すると発表したので紹介していきました。

有料イベントですが、今後取引をしていく上で必要不可欠な税金の情報についてのセミナーなので参加しておくべきですね。

参加できなかった方は後日発表があるかもしれませんので注目しておきましょう。

 

 

ゲーマーに朗報!仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が最大級イベントを共同開催!最新情報を分かりやすく紹介!|副収入ナビ~仕事を辞めてもなんとかなる~

ゲーマーに朗報!仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が最大級イベントを共同開催!最新情報を分かりやすく紹介!|副収入ナビ~仕事を辞めてもなんとかなる~

 

 

今回は、ゲーマーの皆さんには朗報となる仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が最大級イベントを共同開催すると発表があり、更に業務提携を発表したので最新情報を紹介していきます。

 

 

f:id:myhukusyunyu:20180724123726j:plain

ゲーマーに朗報!仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」概要

 

ASOBI COIN(アソビコイン)とは、アソビモ株式会社が運用している仮想通貨で、ASOBI Market内で、様々なコンテンツを購入する際に支払い手段として使用することできます。

ASOBI COIN(アソビコイン)の目的は、デジタルコンテンツの二次流通(中古)が販売できないという課題に対して、ブロックチェーン技術を用いてデジタルコンテンツのコピーを防ぐことで保護し二次流通(中古)プラットフォームを提供します。

デジタルコンテンツとは主に、ゲーム内アイテム・音楽ファイル・動画ファイル・漫画・電子チケット等です。

 

ASOBI COIN(アソビコイン)の日本語での公式紹介動画がYouTubeにアップされています。

 

youtu.be

詳しくはこちらの記事へ

hukusyunyu-navi.hatenablog.com

 

ゲーマーに朗報!仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の「ASOBI COIN・ASOBI MARKET」について


仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の特徴の1つ「ASOBI COIN・ASOBI MARKET」についても説明しておきます。

 

f:id:myhukusyunyu:20180803150245j:plain

「ASOBI COIN」は、当社が開発を進めるブロックチェーンを活用したデジタルコンテンツの保護・流通を実現するプラットフォーム「ASOBI MARKET」(国際特許出願中:PCT/JP2018/16657)を実現するプロジェクトです。様々なデジタルコンテンツ(ゲームアイテム、ソフトウェア、電子書籍、音楽、動画、電子チケットなど)の二次流通(中古流通)を実現します。

現在のDRM(デジタルライツマネジメント)に代わる、ブロックチェーンを利用したデジタルコンテンツの所有権を明確にする「分散型セキュリティシステム(DSS)」(国際特許出願中:PCT/JP2018/25247)を開発。同人活動でも利用でき、エンジニア不要で簡単にセキュリティを実装できるプラットフォームを提供します。当社の独自技術「DSS」によって、昨今海賊版サイトなどで問題になっている“権利者を無視してデジタルコンテンツが複製・配布される問題”を解決します。さらに、二次流通(中古流通)市場の課題である“パブリッシャーへの収益還元”を実現します。

ASOBI COINは、対応するアソビモゲーム内で2倍相当の価値で使えるようになります。また、ASOBI COINは、ASOBI MARKETのデジタルコンテンツを売買するためのコインとして使えるようになります。

 

ゲーマーに朗報!仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が最大級イベントを共同開催

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が最大級イベントを共同開催すると発表がありましたのでイベントの特徴や、開催日など詳しく説明していきます。

 

f:id:myhukusyunyu:20180907144457j:plain

  • 韓国最大級のブロックチェーンカンファレンス『2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO』開催決定~アソビモと韓経ドットコムが共同開催~

 

アソビモ株式会社(本社:東京都豊島区 代表取締役:近藤克紀)は、2018年10月23日(火)と24日(水)の2日間に渡って、韓国最大級のブロックチェーンカンファレンス『2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO』を韓経メディアグループの韓経ドットコムと共同開催することを発表しました。

『2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO』は、世界各国のビジネスリーダー、ブロックチェーン技術者、投資家が参加する2日間のカンファレンスと展示会で、2018年10月23日(火)と24日(水)の2日間にわたって韓国のグランドヒルトンソウルで開催されます。70人余りのスピーカーが登壇するほか、100以上の関連会社がブースを設置する予定となっており、約3,000人の参加が見込まれます。

また、このイベントはソウル市がスポンサーとして支援しており、ソウル市長を務める朴 元淳(パク・ウォンスン)氏がスピーチをされます。詳細は後日発表予定です。

http://koreablockchainexpo.com/

 

 

  • 『2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO』概要


イベント名:2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO
主催:韓経ドットコム、アソビモ株式会社
日程:2018年10月23日(火)・24日(水)
会場:グランドヒルトンソウル(353 Yeonhui-ro, Seodaemun-gu, Seoul, Korea)
※詳細は後日発表予定

 

ゲーマーに朗報!仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が業務提携を発表

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」がが業務提携を発表したので、詳しく説明していきます。

 

f:id:myhukusyunyu:20180907144511j:plain

  • 株式会社メディア工房と業務提携 ASOBI MARKETでの協業

 

アソビモ株式会社(本社:東京都豊島区 代表取締役:近藤 克紀)は、2018年8月29日、株式会社メディア工房(本社:東京都港区 代表取締役社長:長沢 一男)との業務提携を発表しました。

この度、占いコンテンツをはじめとするデジタルコンテンツ事業を手がける株式会社メディア工房と、ブロックチェーン領域においての業務提携を行いました。

当社が開発中のブロックチェーンを活用したデジタルコンテンツ保護・流通プラットフォーム「ASOBI MARKET」において、株式会社メディア工房が保有する占いコンテンツの提供や、ブロックチェーン事業の提携など、戦略パートナーとして様々な取り組みを検討して参ります。

 

 

  • 株式会社メディア工房概要

会社名:株式会社メディア工房
所在地:東京都港区赤坂4-2-6 住友不動産新赤坂ビル12階
代表者:代表取締役社長 長沢 一男
URL:https://www.mkb.ne.jp/

 

 

ゲーマーに朗報!仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」まとめ

 

f:id:myhukusyunyu:20180724122914j:plain

今回は、ゲーマーの皆さんには朗報となる仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が最大級イベントを共同開催すると発表があり、更に業務提携を発表したので最新情報を紹介していきました。

「ASOBI COIN(アソビコイン)」は、2018年10月23日、24日に最大級イベント「2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO」を共同開催します!

更に占いコンテンツなどを手がける株式会社メディア工房とも業務提携するそうで、順調に進んでいるようですね!

今後も仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の進捗に注目です!

取引所での取引初心者は要注目!?高評判ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の最新情報!注目のメンバーを更に紹介!|副収入ナビ~仕事を辞めてもなんとかなる~

取引所での取引初心者は要注目!?高評判ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の最新情報!注目のメンバーを更に紹介!|副収入ナビ~仕事を辞めてもなんとかなる~

 


今回は、取引所での取引初心者は要注目の高評判ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバーを更に紹介していきます。

 

 

f:id:myhukusyunyu:20180724143035j:plain


取引所での取引初心者は要注目!?高評判ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」概要

 

 

仮想通貨は、取引所での売買以外にマイニングを実施することによっても、通貨を手に入れることが可能です。
ですが、FXなどの市場に比べて、まだ不安定で、価格差やボラティリティ(価格変動)が大きく異なる場合が多々あります。
このように、従来の投資に比べ仮想通貨は、非常に自由度が高いですが、それを管理しているのは人なので、折角の投資チャンスを逃したり、場合によっては失敗もあり得ます。

このような問題を、AI(人工知能)を使用して、解決しようというプロジェクトが「hashberry(ハッシュベリー)」で、その通貨名が「HBY COIN(HBY コイン)」です。

hashberry(ハッシュベリー)についての動画がYouTubeにアップされていたので紹介します。

youtu.be

詳しくはこちらの記事へ

hukusyunyu-navi.hatenablog.com

 

取引所での取引初心者は要注目!?高評判ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」注目のメンバーを更に紹介

 

今回更に紹介する注目のメンバーは、下記5名になります。

 

f:id:myhukusyunyu:20180907142813j:plain

  • Amnart Plonrit マイニング運営・シニアテクニカルマネージャー
  • Seree Thonglor マイニング運営・主任エンジニア
  • Mario Kaesar クリエイティブ・ディレクター
  • Ram Narula エンジニアリング・ディレクター
  • Kana Nakanishi PRディレクター/エグゼクティブプロデューサー

 


取引所での取引初心者は要注目!?高評判ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」まとめ

 

f:id:myhukusyunyu:20180724143035j:plain

今回は、取引所での取引初心者は要注目の高評判ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバーを更に紹介していきました。

今回紹介したメンバーで「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」のメンバーは全員になります。

これだけメンバーが充実しているICOは、なかなか無いので期待できますね!

今後も取引所での取引初心者は要注目の高評判ICO「hashberry(ハッシュベリー)」に期待しましょう!